The Veiled Theater

Story

<<<主役は俺だ>>>  脚本:早川世為 菅野結太

「この中の一人が主役になる。」

脚本家に呼び出されそう告げられた5人

ー正義感が人一倍強い生徒
ー普通すぎることが逆に非凡な一般生徒
ーイマドキ女子の王道を歩む女子生徒
ー内向的で何かを抱え込む男子生徒
ー何事にも真面目に努力する生徒

癖の強い「主役級」の少年少女が、3-CHR演劇の「主役」というただ1つの枠を巡り主役らしさを競い合う。それぞれが1本ずつ主役を張れるレベルの個性豊かなキャラが混ざり合い、生まれる化学反応を是非ともご覧あれ。

少々主役主役とくどいようだが最後に一言だけ。
誰が、主役だ。

<<<RT50>>>  脚本:大庭千羽哉

・RT(リツイート)とは
SNS、Twitterにおいて他の人が行ったツイート(発言)を‘’Re‘’する、 つまりそれを自分で‘’再び‘’ツイートし、他人のツイートを紹介できるという機能。 これによって広範囲に情報が知れ渡る「拡散」という現象も発生する。

たった1つのツイートで、すべてが変わってしまう
ーSNSが生まれてからわずか25年。
社会はどれほど変わっただろうか。SNSがなければどうなるだろうか。

演劇の舞台は1つの学校と1つの企業。
学校には優等生の女子とその彼氏がいた。 女は順調な生活を送っていたが、SNSに生活を蝕まれる。
企業には社長とその秘書がいた。 社長はある日メールやSNSをきっかけとして問題を招く。
そんな2人はSNSに嫌気がさしてしまう。その時、2人が見たツイート。 それによって暮らしは大きく変わってゆくこととなる。

コミカルだが、SNS社会を風刺する演劇、ぜひご覧あれ。

キャスト紹介

<<<主役は俺だ>>>

正義/新津皓正
正義感が人一倍強い
また若干熱血漢でもある

太郎/海蔵寺広陽
すべてが普通すぎて
もはや逆に珍しい生徒

すみれ/兼坂太陽 
イマドキ女子の王道を歩む
承認欲求が強い

朔夜/金子怜聖
何かを抱え込んでいる
口数が少なく消極的

努/熊崎健太
何事にも真面目に取り組み、
努力する生徒

<<<50RT>>>

翔貴/伊原翔貴
中学3年生 男
陽菜の彼氏で、思いやりがある

陽菜/古角奏太
中学3年生 女
クラスの優等生だったが、 SNSによって・・

浅井社長/浅井祐輝
もやし電子 社長
偉そうにしているが軽率なところもある社長

鈴木秘書/鈴木絢也
もやし電子 社長秘書
頼れる性格で、社長を支える秘書

教師/江口和希
翔貴と陽菜のクラスの
担任を務める

公演の案内

1日目
公演時間 公演内容
10:15〜10:40 50RT
12:10〜12:50 主役は俺だ
13:40〜14:05 50RT
14:40〜15:20 主役は俺だ
2日目
公演時間 公演内容
10:55〜11:35 主役は俺だ
12:25〜12:50 50RT
14:30〜15:10 主役は俺だ
3日目
公演時間 公演内容
11:10〜11:50 主役は俺だ
12:00〜12:25 50RT
14:30〜15:10 主役は俺だ
15:45〜16:10 50RT

3-CHRへの行き方

場所:Orange館一階 O2階段前
詳しくは文化祭パンフレット10ページの
「一階校内図」をご覧ください。

クラスデコ責任者:中筋湧太 長谷川景星 
会計:新津皓正

脚本
ー主役は俺だ:早川世為 菅野結太
ー50RT:大庭千羽哉 

キャスト
ー主役は俺だ:海蔵寺広陽 金子怜聖 兼坂太陽 熊崎健太 新津皓正 
ー50RT:浅井祐輝 伊原翔貴 江口和希 鈴木絢也 古角奏太

デザイン
  ポスター   金子怜聖 名手康一郎
  ビラ     金子怜聖 長谷川景星
  パンフレット 金子怜聖 名手康一郎
  パーカー   金子怜聖
  外装     金子怜聖
  レンガ発案  金子怜聖 長谷川景星
  階段装飾   名手康一郎 𠮷田智志
  立て看板   戸枝諒 名手康一郎 
  ウェブ制作  戸枝諒

制作
ーレンガ 
井上桂 海蔵寺広陽 北島進之介 嶋田遼太郎 菅野結太 杉原浩一 高田拡夢 高谷和気 千葉晟央 長妻勇育 細井優志 森川凌介 渡邊裕哉

ービラ 
加藤麟 北川漱二 熊崎健太 熊澤圭祐 高田拡夢 伊達悠人 端野太一郎 福田正智 本多柊太 

ー木工 
海蔵寺広陽 金子怜聖 熊崎健太 利根川遼 永井塔麻 中筋湧太 長妻勇育 名手康一郎 新津皓正 長谷川景星 細井優志 森川凌介 

電気装飾、カメラマン:菅江恭礼

照明:北川漱二 千葉晟央 利根川遼 永井塔麻